江戸川の下流階級のMC・兼MPCトラックメイカー

そのSTYLEは吉高みたく調子外れた口調で、ある時はクロード・モネの様に光を操る。ランドよりはシー、真っ赤な目をした風早君、あの死体の山ならミカサの仕業、市橋と山口を足した様な達也、元カノもウンザリの永い言い訳。

いったいどうゆう人間なのか!?

 

careerが産んだバリア

東京を中心に活動しているラッパー兼トラックメイカー。

ノスタルジックで感傷的な言葉達を従え、michita・観音クリエイション・呼煙魔・Laugh・TAKUMI Mなど、錚々たるトラックメイカー達とも共演。

空也MC・Meiso・空廻・狐火・KAKU など、MC達との刺し合いは多くのヘッズを唸らせ、代表曲でもある「クズレペゼン」はYouTubeで約104万回再生以上の記録を持つ。

術の穴のコンピレーションやブーストコンピ、DJ6月音源集、鬼才DJ IKIPEDIAのStreet Tellersへの参加も果たし、日本語ラップ番組「らっぷの時間」にも出演。

恋愛からundergroundまで、幅広い楽曲スタイルが特徴である。


MC and MPC track maker of the lower class of the Edo River.

The style has an out-of-tune tone like Minami Hamabe, and at one point manipulates the light like Claude Monet. Sea rather than Rand, Kazehaya with bright red eyes, Mikasa’s work for that corpse mountain, Tatsuya like adding Ichihashi and Yamaguchi, and ex-girlfriend are long excuses for disappointment. Following nostalgic and sentimental words, he performed with track makers such as michita, Kannon Creation, Koenma, Laugh, WAZGOGG and TAKUMI M. Kuuya MC, Meiso, Kuuya, KAKU, Kitsunebi and other MCs. Participation in Subenoana compilation and boost compilation, DJ June sound source collection, TMCS judge, and DJ IKIPEDIA’s Street Tellers. Appeared in Japanese rap program Rappu time. It features a wide range of music styles, from erotic romance like I’s to underground.

SNS

 

 

 

Release

NostalgiaTrust 名義

2010 Feelings Trust
2012 向日葵を飾る月

SHU-THE作品

2010 過去曲
2012 シューザイズム
2015 SHU-THEIZM2
2016 SHU-THEIZM3
2017 SHU-THEIZM4
– めかけの娘(フリー配信)
2018 SHU-THEIZM5
– Peace to the Hard Core
2019 シュザペディア
2020 SHU-THEIZM6
2020 SHU-THEIZM7
2021

LAUGHROAIG

 

SHU-THEIZM8